車検の必要書類

自分で用意すべき書類一覧

 車検に必要な書類は、車検当日までに準備しておく書類と、車検当日検査場で準備する書類があります。

下記が車検に必要な書類の一覧です。
※ 画像をクリックすると拡大します。

車検に必要な書類
車検証 車検証
車検証は期限付きの道路の運行許可証です。もし車検証がない場合は、付いているナンバーを管轄する運輸支局で、車検証再発行手続きを行いましょう!
自動車税納税証明書 自動車税納税証明書
毎年4月1日現在の自動車の保有者に対して課される税金ですが、納付していなければ車検が受けられません!
24ヶ月定期点検整備記録簿
実際に自分で点検し書き込んだものか、整備工場やガソリンスタンドで点検・記入してもらったものです。車検後に点検整備を行う場合は必要ありません。

リサイクル領収書
2005年1月1日から施行されたリサイクル法により、リサイクル料を支払わなければ車検が受けられなくなりました。金額は車種により異なりますが7000円〜18000円程度です。車の購入時にすでに支払っているはずですが、失くした場合は当日検査場で再発行することもできます。※現在は不要です。

自動車損害賠償責任保険証明書 自動車損害賠償責任保険証明書
自賠責保険に加入するともらえる証明書です。強制保険ですので、車検時には24か月分で加入する必要があります。新車購入時は車検が3年の為、車検有効期間をカバーする37ヵ月の加入が必要になります。自動車損害賠償責任保険証明書は車検日当日、運輸支局敷地内または近辺の保険代理店でも手続きが可能です。
自動車検査票
車検の検査ラインの結果を記入する用紙です。この用紙に1つでも×がつけば、車検不合格となります。
自動車重量税納付書
重量税納付額の印紙を貼る用紙です。車種により金額が違いますので、窓口で尋ねましょう。
継続検査申請書
またの名を「マークシート」と言います。新しい車検証を発行する申請書です。この申請書はコンピュータで読み取りますので、鉛筆かシャープペンシルで丁寧に記入します。
印紙
検査料や重量税を納付する際は現金でなく、すべて印紙を購入し貼り付けることで納付します。検査料は4,5ナンバーの小型車の場合で、印紙400円+証紙1300円で合計1700円になります。 重量税は車種により異なります。

以上が車検時に必要になる書類です。

車検当日までに準備する書類はこちらを→必要書類を準備する
車検当日検査場で準備する書類はこちら→車検当日の必要書類の準備と提出をご参照くださいm(_ _)m

各書類の書き方は、窓口近くにある机に記入例がありますのでそれを参考に記入しますが、こちらでも詳しくご紹介しております→車検に必要な書類の書き方と詳細

車検費用一括見積もり

車検を少しでも安くするためには、複数の車検業者に見積もりをして価格を比較することが大切です!

EPARK車検
最近利用者が急増しているのがEPARK車検です。 全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!という他にはないオリジナル特典があります。
ホリデー車検
CMなどで知名度があるのがホリデー車検です!きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、安心かつ車検費用がとてもリーズナブルなコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

ページの一番上へ>    次のページ→車検が受けられる期間
サイトのTOPページへ