予算は低めに設定しておく

車検を安くする方法

 車は消耗品の塊です!

エンジンオイルやブレーキフルードなどは、車検毎に交換して当然ですが、バッテリーやタイミングベルト、ブレーキパッドなど、他にも時期がくれば交換した方がよい部品はたくさあります。

車検を受ける際には、法定点検である24ヶ月点検整備を行いますが、その際、どの程度まで整備するのかという問題があります。

極端な話、整備料金を最も安く上げようと思ったら、エンジンオイルやブレーキフルードが真っ黒でも交換せず、ブレーキパッドが残り1mmでもそのままで、冷却水が汚れていてもそのままでいいのであれば、整備料金はほぼ0円で済みます。

こんな状態であっても、テスターに合格すれば車検には通るのですが、これでは安心して車に乗ることはできませんし、長持ちもしませんね(^^;)

しかし逆にとことん完璧に整備するとしたら、車は消耗品の塊ですから、整備料金は膨大な金額になってしまいます。

車検をディーラーや整備工場に依頼すると、まずは見積書を作成してくれます。その際、「予算はおいくらくらいでお考えですか?」と聞かれることがあります。

もしこう聞かれたら、見積書に出された金額よりも3~5万円程度低めに答えておきましょう!なぜなら見積書には完璧な整備をする余り、無駄な整備も含まれているからです。

良い業者であれば、「これはまだ交換しなくても大丈夫です。」とか、「これは省くことができます。」など、金額を安くする提案をしてくれると思います。

もし高めの予算を言っていたとしたら、何かと理由をつけて完璧に近い整備を提案してくることでしょう。もちろん儲かるからです(笑)

予算を低めに設定しておくことで、無駄な過整備を省き、車検費用を安くすることにつながるのです!

無駄な整備をされないように、こちらもご参照くださいませ→消耗品の交換時期を見極める!

車検費用一括見積もり

車検を少しでも安くするためには、複数の車検業者に見積もりをして価格を比較することが大切です!

EPARK車検
最近利用者が急増しているのがEPARK車検です。 全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!という他にはないオリジナル特典があります。
ホリデー車検
CMなどで知名度があるのがホリデー車検です!きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、安心かつ車検費用がとてもリーズナブルなコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

ページの一番上へ>    次のページ→まずは洗車をしよう!
サイトのTOPページへ