車検の予約方法

車検その他関連情報

車検の予約方法

 こちらのページでは、車検予約方法について、わかりやすく解説しております(^^)

車検費用徹底解説
車検の予約方法は、インターネットと電話の2種類!

 車検を受けるためには、事前に必ず予約を入れなければなりません!

普通車の場合は検査を受ける陸運(支)局に。軽自動車の場合は、陸運局ではなく軽自動車検査協会に予約を入れます。

突然検査場に行っても、車検を受けることはできませんのでご注意くださいm(_ _)m

ディーラーや民間整備工場などに車検を依頼した際は、業者が予約も行ってくれますが、ユーザー車検の場合は自分で予約を入れる必要があります。

なお、車検は全国どこの運輸(支)局や自動車検査事務所でも受けられます。軽自動車も同様に、全国どこの軽自動車検査協会でも受けられます。

 車検の予約方法は、1.インターネット 2.電話の2種類の予約方法があります。予約の際は車台番号などが必要になるため、自動車検査証(車検証)を手元に置いて行いましょう!

インターネット予約の方法

 国土交通省のサイトから、全国の陸運(支)局に予約を入れることができます→自動車検査インターネット予約システム

軽自動車の場合はこちら→軽自動車検査予約システム

IDやパスワードの登録が必要ですが、画面の指示に従って入力していけばいいので簡単です。

電話予約の方法

 ※ 普通車の車検に関しては、現在電話予約はなくなっております。

軽自動車の場合は、軽自動車検査協会に電話をして予約を入れます→全国支所一覧

車検を受けたい陸運(支)局又は軽自動車検査協会に電話をかけ、アナウンスに従って番号を入力すれば予約を入れることができます。

車検予約の混雑する時期

 車検は有効期限の1ヶ月前から受験できますので、できるだけ混雑していない時期を見計らって予約を入れましょう!

車検予約が混雑するのは、やはり週末月末です!後は年度末の3月と、7月9月は特に混雑します。

特にはじめてユーザー車検を受ける方は、検査官にいろいろと教えてもらいながらやることもありますので、検査官に余裕がある混雑時以外に予約を入れたほうがよいでしょう!

車検費用一括見積もり

車検を少しでも安くするためには、複数の車検業者に見積もりをして価格を比較することが大切です!

EPARK車検
最近利用者が急増しているのがEPARK車検です。 全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!という他にはないオリジナル特典があります。
ホリデー車検
CMなどで知名度があるのがホリデー車検です!きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、安心かつ車検費用がとてもリーズナブルなコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

ページの一番上へ>    次のページ→全国陸運支局・軽自動車検査協会一覧表
サイトのTOPページへ