ユーザー車検

車検の選び方

車検を受ける際には、一般的にはディーラーや民間の整備工場、ガソリンスタンドなどに依頼して、24ヶ月点検整備や代行などを依頼しますが、すべて自分で行うユーザー車検という方法もあります。

車検を受けて合格するためには、書類を準備して当日陸運局に行って書類を提出、重量税の納付、継続検査などを行い、保安基準に適合していれば合格となり、新しい車検証が交付されます。

24ヶ月点検整備に関しては、特殊な工具やタイヤの取り外しが必要になるため、知識のない素人が行うのは現実的ではありません。

ですので、点検整備に関しては業者に依頼することになりますが、およそ2~3万円ですので、その他を自分で行えば数万円車検費用を節約できます。車検費用が割高なディーラーの車検費用と比べると、半額以下にはなることも多いです。

ユーザー車検で点検整備以外の部分は、まったく知識のない方でも順番にやっていけばそれほど難しいものではありませんので、とにかく車検費用を安く上げたいという方は、チャレンジしてみる価値はあります!

詳しくはこちらでも解説しておりますm(_ _)m→車検の流れ

ユーザー車検のメリット・デメリット

 ユーザー車検のメリットデメリットは下記です。

メリット デメリット

・価格が格安

・車検の知識がつく

・ある程度の知識が必要

・平日に休みがとれないと無理

・自分でメンテナンスができない場合は、点検整備のみ業者にお願いする必要がある

・車検に落ちると不具合箇所を直して、再受験する必要がある

ユーザー車検のメリットはなんといっても価格の安さです!

車検を通すだけなら車種にもよりますが、だいたい50000~70000円で車検を受けることができます。※ 点検整備費用は別です。

ただし、車検に必要な書類を準備したり、検査ラインで検査を受けるのもすべて自分で行いますので、ある程度の知識が必要となります。

ユーザー車検の流れ

ユーザー車検は必要書類を準備して陸運支局窓口に提出後、下記の検査ラインすべてに合格する必要があります。

車検の検査ラインの流れ

詳しくはこちらで解説しておりますm(_ _)m→車検の流れ

こんな方にはユーザー車検がおすすめ!

平日に休みがとれて、とにかく車検費用を安く抑えたい!という方におすすめです!

車検専門フランチャイズ店はユーザー車検よりメリットが多い!

ユーザー車検は業者に依頼しない分、費用を安く済ませることができます。

しかしメリットはそれだけで、デメリットは上記にあるように手間と時間がかかり、車に詳しくないと車検を通すことができないなど、一般的なユーザーにはデメリットの比重が大きいといえるでしょう。

最大の難点は車検を通すための整備を自分で行わなければならない、という点です。

この整備を業者に依頼すると結果的に費用の安い車検専門業者に任せた時と同じ金額になり、手間と時間の分だけロスすることになります。

たとえば車検専門フランチャイズの EPARK車検では公式サイトで近隣の加盟店を選ぶことができ、ネット申込を行うと割引制度が適用されて1000ccクラスのコンパクトカーの場合は50,136円が最低費用となります。

コンパクトカーに必要な法定費用は47,670円+印紙代1,300円なので、ユーザー車検のデメリットを考えるとはるかにコストパフォーマンスが優れているといえます。

車検専門フランチャイズ店はホリデー車検も含めて24ヶ月点検が付帯されるなど各種サービスが用意されていることも魅力のひとつです。

これら車検専門業者を探す際は カーセンサー を始めとするネットの一括車検見積りサイトを利用すると業者間の費用差だけでなく各種サービスの比較も行えるので、自分の車検プランや予算、支払い方法に合わせた業者選びができます。

車検費用一括見積もり

車検を少しでも安くするためには、複数の車検業者に見積もりをして価格を比較することが大切です!

EPARK車検
最近利用者が急増しているのがEPARK車検です。 全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!という他にはないオリジナル特典があります。
ホリデー車検
CMなどで知名度があるのがホリデー車検です!きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、安心かつ車検費用がとてもリーズナブルなコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

ページの一番上へ>    次のページ→車検代行
サイトのTOPページへ