車検費用の内訳と相場

車検費用の内訳

まず車検費用の内訳は下の図のように、車検基本料+法定費用の合計金額で構成されています。

車検費用

車検基本料とは

車検基本料は、いわゆる依頼された業者の儲け分で、基本的に24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料なども含まれています。

ただし、別途追加整備が必要になったり、消耗品の交換(各種オイル・タイヤなど)が必要になった場合は、別途追加料金となります。

各社車検費用に違いがあるのは、車検基本料に違いがあるため料金が異なっています。もちろん点検整備をどこまでするか、どのようなパーツ・消耗品を使うかによっても料金は変わってきます。

よくHPなどで費用をチェックすると、「\〇〇円〜」というような記載がされていますが、それは何も交換するパーツや消耗品がなかった場合の価格で、基本的にはその価格よりも上がることが多いということを知っておいた方がよいでしょう。

正しい車検費用が知りたければ、やはりきちんと見積もりをとることが大切です。

法定費用とは

法定費用は、自陪責保険料・重量税・印紙代のことで、法定費用ですからどこで車検を受けても、必ず同額がかかります。

法定費用を諸費用と呼ぶ場合もあります。

法定費用は、自陪責保険料・重量税・印紙代で構成されていますが、金額は車のタイプや車両重量によって以下のように異なります。

  軽自動車 普通車
車両重量 - 〜1,000kg 1,001〜1,500kg 1,501〜2,000kg 2,001〜2,500kg
車種例 タント・N-BOX等 フィット・ノート等 プリウス・キューブ等 クラウン・マークX等 エルグランド・ヴェルファイア等
重量税 6,600円 16,400円 24,600円 32,800円 41,100円
自賠責保険料(
24ヶ月)
25,070円 25,830円
印紙代 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円 1,100円
法定費用合計 32,770円 43,330円 51,530円 59,730円 68,030円

法定費用は法律で定められた費用ですので、どこで車検を受けても同額ですので節約することはできません。

なお、重量税については、エコカーであったり13年経過者の場合は下表のように少し異なります。

エコカーの場合は少し安くなり、13年経過者の場合は逆に少し高くなります。

  軽自動車 普通車
車両重量 - 〜1,000kg 〜1,000kg 〜2,000kg 〜2,500kg
重量税
エコカー
13年経過車
6,600円
5,000円
7,600円
16,400円
10,000円
20,000円
24.600円
15,000円
30,000円
32.800円
20,000円
40,000円
41,000円
25,000円
50,000円

車検費用の相場

上記の通り、車検費用は車検基本料と法定費用で構成されており、法定費用はどこで車検を受けても変わりませんので、車検基本料が高いか安いかで車検費用が変わってくることがわかります。

車検基本料はどこまできちんと整備をするのかによって、金額が異なります。

例えば、車検を通ればよい程度の最低限の整備内容でよいのであれば最も安くできますが、まだ壊れていないけれど予防的に交換するようなしっかりとした整備内容であればとても高くなります。

これは車検整備を受ける場所の考え方によるものなのですが、ディーラーが最もしっかりとした整備をする代わりに最も高いのが一般的です。

車検を受ける場所別の相場価格を下表でまとめています。

  車検費用合計
ディーラー車検 法定費用 + 40,000円〜100,000円
車検専門フランチャイズ車検 法定費用 + 25,000円〜80,000円
民間整備工場車検 法定費用 + 25,000円〜80,000円
カー用品店車検 法定費用 + 20,000円〜60,000円
ガソリンスタンド車検 法定費用 + 20,000円〜60,000円
ユーザー車検 法定費用 + 0円(法定費用のみ)
車検代行 法定費用 + 10,000円〜30,000円

※ 表の価格はおおよその目安です。
※ 消耗品(オイルやタイヤなど)や部品交換など追加整備が必要になった場合は、上記価格に加えて別途追加料金が発生します。

まとめ

車検費用の内訳と相場について詳しく解説してきましたが、要は自分がどのような車検を受けたいのかというところが1番重要かと思います。

ただ単にとにかく安ければよいというのであれば、車検に通ればよい程度の整備士しかしない車検代行やユーザー車検にすればよいですし、車は命を預ける大切なものだから壊れる前に徹底的に整備をしたいというのであれば、ディーラー車検を受ければよいでしょう。ただその分高くはなります。

その真ん中をとったのが車検専門の業者で、 車検専門に1日何十台、何百台と車検を通してきていますので、車種別にどういった部品が壊れやすいのか、何を交換すればよいのかなどのノウハウが非常に豊富です。

また毎日やっているだけあって、とてもスピーディーに車検が完了します。

車検業者によっても価格は異なりますし、キャンペーンをやっていたりもするので、一度見積もりをとってみて比較すると安くて質の良い車検が受けられると思います。

車検費用一括見積もり

車検を少しでも安くするためには、複数の車検業者に見積もりをして価格を比較することが大切です!

EPARK車検
最近利用者が急増しているのがEPARK車検です。 全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!という他にはないオリジナル特典があります。
ホリデー車検
CMなどで知名度があるのがホリデー車検です!きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、安心かつ車検費用がとてもリーズナブルなコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

ページの一番上へ>    次のページ→車種別車検費用の目安
サイトのTOPページへ