車検費用の内訳・相場

車検費用の内訳と相場

 車検費用は下の図のように、車検基本料+法定費用の合計金額で構成されています。

車検費用

法定費用は、自陪責保険料・重量税・印紙代のことで、法定費用ですからどこで車検を受けても、必ず同額がかかります。法定費用を諸費用と呼ぶ場合もあります。

対して車検基本料は、いわゆる依頼された業者の儲け分で、基本的に24ヶ月点検整備・検査代・代行手数料なども含まれています。

ただし、別途追加整備が必要になったり、消耗品の交換(各種オイル・タイヤなど)が必要になった場合は、別途追加料金となります。

各社車検費用に違いがあるのは、車検基本料に違いがあるため料金が異なっています。もちろん点検整備をどこまでするか、どのようなパーツ・消耗品を使うかによっても料金は変わってきます。

法定費用について

 法定費用は、自陪責保険料・重量税・印紙代で構成されていますが、価格は下記の表のようになっています。

  軽自動車 乗用車(3,5,7ナンバー)
車両重量 - 500〜1,000kg 〜1,000kg 〜2,000kg 〜2,500kg
自賠責保険料
24ヶ月
[H23.4改定]
21,970円
(10,000円)
24,950円
(25,750円)
重量税
(エコカー)
(13年経過車)
6,600円
(5,000円)
(7,600円)
16,400円
(10,000円)
(20,000円)
24.600円
(15,000円)
(30,000円)
32.800円
(20,000円)
(40,000円)
41,000円
(25,000円)
(50,000円)
印紙代 1,400円 1,700円(3ナンバーは1,800円)
法定費用合計
(エコカー)
(13年経過車)
29,970円
(28,370円)
(30,970円)
43,050円
(36,650円)
(46,650円)
51,250円
(41,650円)
(56,650円)
59,450円
(46,650円)
(66,650円)
67,750円
(51,750円)
(76,750円)

法定費用は法律で定められた費用ですので、どこで車検を受けても同額ですので節約することはできません。

車検費用の相場

 車検費用を安くするためには、上でご紹介しました法定費用の部分は節約できませんので、業者の儲けとなる車検基本料の部分を節約します。

車検基本料は車検を依頼する業者によって違いますが、おおよそ下記の表のようになります。

  車検費用合計
ディーラー車検 法定費用 + 40,000円〜100,000円
車検専門フランチャイズ車検 法定費用 + 25,000円〜80,000円
民間整備工場車検 法定費用 + 25,000円〜80,000円
カー用品店車検 法定費用 + 20,000円〜60,000円
ガソリンスタンド車検 法定費用 + 20,000円〜60,000円
ユーザー車検 法定費用 + 0円(法定費用のみ)
車検代行 法定費用 + 10,000円〜30,000円

※ 表の価格はおおよその目安です。
※ 消耗品(オイルやタイヤなど)や部品交換など追加整備が必要になった場合は、上記価格に加えて別途追加料金が発生します。

車検を少しでも安くするためには、複数の車検業者に見積もりをして価格を比較することが大切です!

EPARK車検
最近利用者が急増しているのがEPARK車検です。 全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!という他にはないオリジナル特典があります。
ホリデー車検
CMなどで知名度があるのがホリデー車検です!きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、安心かつ車検費用がとてもリーズナブルなコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

重量税について詳しく

 重量税は、車検の有効期間分(新車時3年分、以降2年分)を先払いすることになります。

平成24年5月1日から自動車重量税の引き下げが行われました。※エコカー減税実施期間は平成24年5月1日〜平成27年4月30日です。

車検時の自動車重量税(自家用乗用車) 2年分  (単位:円)
区分 エコカー減免制度適応 エコカー減免制度適応無し
車両重量 50%減免
※1
エコカー
※2
エコカー以外
13年未満 13年以上 18年以上
軽自動車 2,500 5,000 6,600 7,600 8,800
〜1000kg以下 5,000 10,000 16,400 20,000 25,200
〜1500kg以下 7,500 15,000 24,600 30,000 37,800
〜2000kg以下 10,000 20,000 32,800 40,000 50,400
〜2500kg以下 12,500 25,000 41,000 50,000 63,000

※1.「次世代自動車」及「2015年度燃費基準達成+20%」の初回車検の自動車

※2.「次世代自動車」及「2015年度燃費基準達成+10% / 2015年度燃費基準達成+0%」の自動車

※3.「13年以上」は、原則として初度登録年月から12年11ヶ月月以後に自動車検査証の交付・返付を受ける自動車が対象となります。

※4.「18年以上」は、原則として初度登録年月から17年11ヶ月以後に自動車検査証の交付・返付を受ける自動車が対象となります。

自賠責保険について詳しく

 普通乗用車にかかる自賠責保険料は下記です。次の車検までの期間をカバーする必要があるため、通常24ヶ月で加入します。

普通車
37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
35,390円 34,600円 25,750円 24,950円 15,930円 15,110円
軽自動車
37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
30,840円 30,170円 22,650円 21,970円 14,300円 13,600円

印紙代について詳しく

 車検の際には検査手数料として印紙を購入して納付します。印紙代は通常の車検(継続検査)の場合で、下記のようになっております。

保安基準適合証の提出がある自動車 1,100 円
(印紙1,100円)
小型自動車 1,700 円
(印紙400円、証紙1,300円)
小型自動車以外の自動車 1,800 円
(印紙400円、証紙1,400円)

保安基準適合証とは、指定工場(民間車検場)で交付できるものですので、指定工場(民間車検場)で車検を受けるなら1,100 円で、それ以外の認証工場やユーザー車検では、1,700~1,800 円かかります。

車検費用一括見積もり

車検を少しでも安くするためには、複数の車検業者に見積もりをして価格を比較することが大切です!

EPARK車検
最近利用者が急増しているのがEPARK車検です。 全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!という他にはないオリジナル特典があります。
ホリデー車検
CMなどで知名度があるのがホリデー車検です!きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、安心かつ車検費用がとてもリーズナブルなコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

ページの一番上へ>    次のページ→車種別車検費用の目安
サイトのTOPページへ