24ヶ月点検整備記録簿

車検に合格するために必要な整備点検記録簿

定期点検整備記録簿

現在の法律(自動車点検基準)で定められている定期点検は、12ヶ月点検24ヶ月点検があります。法律で義務付けられています。

12ヵ月ごとに点検する項目と24ヶ月ごとに点検する項目がありますが、車検毎に24ヶ月点検も同時に行うことが一般的です。

現在の法律では、24ヶ月点検整備を行いさえすれば、車検を受ける前でも後でも良いとされています。

ですので、車検の際に「点検整備は車検の後に行います。」と言えば、24ヶ月点検整備記録簿が白紙であっても、車両に問題がなければ車検に通すことができます。

しかしそのせいで、24ヶ月点検整備を行わないユーザーが増えており問題となっています。車は命を預ける乗り物ですので、車検前に必ず24ヶ月点検整備を受けるようにしましょう!

業者に車検を依頼する際は、24ヶ月点検整備も料金に含まれていることが多いです。

自分でユーザー車検をする場合は、素人ができる作業ではありませんので、24ヶ月点検整備だけ民間整備工場などに依頼しましょう!相場はだいたい20,000〜50,000円程度です。

24ヶ月点検整備の点検項目

24ヶ月点検整備ですが、1995年6月までは車検を受けるためには、必ず車検前に100項目以上の点検整備を行う必要がありました。しかし法律が改正され、点検項目は現在56箇所となっております。

下記に24ヶ月点検整備の点検項目を一覧にしてまとめています。※ 24ヶ月定期点検記録簿の内容です。

点検項目 点検内容
かじとり装置 ハンドル ・操作具合
ギヤ・ボックス ・取付けの緩み
ロッド及びアーム類 ・緩み、がた及び損傷
・ボール・ジョイントのダストブーツの亀裂及び損傷
かじとり車輪 ・ホイール・アライメント
パワーステアリング装置 ・ベルトの緩み及び損傷
・油漏れ及び油量
・取付けの緩み
制動装置 ブレーキ・ペタル ・遊び及び踏み込んだときの床板とのすき間
・ブレーキのきき具合
駐車ブレーキ・レバー ・引きしろ
・ブレーキのきき具合
ホース及びパイプ ・漏れ、損傷及び取付状態
マスタ・シリンダ、ホイール・シリンダ及びディスク・キャリパ ・液漏れ
・機能、摩耗及び損傷
ブレーキ・ドラム及びブレーキ・シュー ・ドラムとライニングとのすきま
・シューの摺動部及びライニングの摩耗
・ドラムの摩耗及び損傷
ブレーキ・ディスク及びパッド ・ディスクとパッドとのすき間
・パッドの摩耗
・ディスクの摩耗及び損傷
走行装置 ホィール ・タイヤの状態
・ホィールナット及びホィールボルトの緩み
・フロント・ホィール・ベアリングのがた
・リヤ・ホィール・ベアリングのがた
緩衝装置 取付部及び連結部 ・緩み、がた及び損傷
ショック・アブソーバ ・油漏れ及び損傷
動力伝達装置 クラッチ ・ペダルの遊び及び切れたときの床板とのすき間
トランスミッション及びトランスファ ・油漏れ及び油量
プロペラシャフト及びドライブシャフト ・連結部の緩み
・自在継手部のダスト・ブーツの亀裂及び損傷
デファレンシャル ・油漏れ及び油量
電気装置 点火装置 ・プラグの状態
・点火時期
・ディストリビューターのキャップの状態
バッテリー ・ターミナル部の接続状態
電気配線 ・接続部の緩み及び損傷
原動機 本体 ・排気の状態
・エアクリーナ・エレメントの状態
潤滑装置 ・油漏れ
燃料装置 ・燃料漏れ
冷却装置 ・ファンベルトの緩み及び損傷
・水漏れ
ばい煙、悪臭のあるガス、有害なガス等の発散防止装置 ブローバイ・ガス還元装置 ・メータリング・バルブの状態
・配管の損傷
燃料蒸発ガス排出抑止装置 ・配管等の損傷
・チャコール・キャニスタの詰まり及び損傷
・チェック・バルブの機能
一酸化炭素等発散防止装置 ・触媒反応方式等排出ガス減少装置の取付けの緩み及び損傷
・二次空気供給装置の機能
・排気ガス再循環装置の機能
・減速時排気ガス減少装置の機能
・配管の損傷及び取付状態
熱害防止装置 ・遮熱板の取付けの緩み及び損傷
エキゾースト・パイプ及びマフラー ・取付けの緩み及び損傷
・マフラの機能
車枠及び車体 ・緩み及び損傷

24ヶ月定期点検整備記録簿の書き方や様式のダウンロードはこちら→24ヶ月定期点検整備記録簿の書き方と記入例

車検費用一括見積もり

車検を少しでも安くするためには、複数の車検業者に見積もりをして価格を比較することが大切です!

EPARK車検
最近利用者が急増しているのがEPARK車検です。 全国の車検業者から一括見積がとれるだけでなく、整備付き車検の車検基本料が最大81%OFF!という他にはないオリジナル特典があります。
ホリデー車検
CMなどで知名度があるのがホリデー車検です!きちんと利用者に整備箇所や方法を説明してから実際の整備に入りますので、安心かつ車検費用がとてもリーズナブルなコスパのいい車検方法です。
カーセンサー 車検
車検見積もりサイトは、カーセンサー の車検見積もりサイトが有名です!ガソリンスタンドや車検専門店を中心に住所の近くから検索することができます!

ページの一番上へ>    次のページ→エンジンルームの点検
サイトのTOPページへ